blog

michi suwa

されど、死ぬのはいつも他人

風邪をひいてしまった。

雨の金曜日、慶應アートセンターの「彼方の男、儚い資料体」を見に行った後、結局お泊まり会は参加しないと決めた息子を園に迎えに行った。冷たい雨の中の下山が、身体にきてしまったらしい。急いで迎えに行ったというのに、息子はもう少し遊びたかったとふてくされていた。

土曜日も降り続ける雨。息子と出かけたかったが、体調も悪いので断念。夕方頃、熱が出てきた。息子は元気、風邪をうつさないようにと別の布団で寝てもらう。

今日、日曜日は幼稚園の同級生家族とバーベキューの予定だった。見かねた夫がかわりに息子と参加してくれた。2人が出かけて静かになったリビングで、まだ読んでいなかった「彼方の男」展のハンドアウトを開いた。そこに、この言葉があった。デュシャンの墓碑銘。不思議なことに、この言葉に遭うのは、今週に入って3度目だ。2度目はノートにメモを残した。全く偶然ではあるけれど、3度目に、このやや格言めいた言葉の先に河原温というしなやかなレイヤーを見ることが出来てよかった。奥村作品もまた、確かならざる者の確かならざる死についての「儚い資料体」として、この言葉に応答するしなやかな在り方そのものだった。

熱はひいてきた。夕飯は、バーベキュー土産のカレーを頂こう。

ODEON

午前中、地区センターで幼稚園の同級のお母さん達と謝恩会の贈り物の準備。とてもちょうど良い距離で、楽しく過ごせた3年間。このお母さん達のお陰だなと改めて思う。

午後は、お迎えまで併設の図書館で調べもの。さすが地元の図書館。郷土資料は期待以上に色々出てきた。資料館や大学発行の冊子もある。

息子は元気に帰ってきたが、金曜日のお泊まり会は行きたくないと言い出した。これも成長かなと思いつつ、一日寝かせて結論を出そうという事になった。

夕方、急に寒くなった。お迎え時のひと遊びの間に身体が冷えきってしまった。近くのパン屋でパンとホットコーヒーで一休みしてから帰った。

f:id:michi11_30:20191121111940j:image

f:id:michi11_30:20191121111947j:image

f:id:michi11_30:20191121112043j:image

いただきました

昨日は気圧がガクンと落ちていたらしい。なるほど、落ち着かない夜であったよ。

今日は晴れて暖かく、日中は平常通り。ゆるゆると制作と読書。

息子が寝る前にぎゅっとして「お母さん、大好き」。いただきました。口癖のように言う子も居るのだろうけど、息子は言わない子だなと思っていた。びっくりしてちょっと変な声で、お母さんも円ちゃんが大好きだよと返した。

幼稚園でも急に働き者キャラになって、今日は家でも夕飯の準備を手伝ってくれた。

こんな日がくるのだなという日だった。

今夜は風が強い。こちらも何か落ち着かない。

息子は21:30に就寝。6歳に近づくと、もう20時就寝とはなかなかいかなくなるのか。最近は21時をまわる事が殆ど。布団に入ってもおしゃべりが止まらない。元気で楽しそうなのは何より。

先週末は息子が通うことになっている小学校のオープンスクールだった。授業参観と学校見学が合わさったような感じで、見学者は授業中の教室と校内を自由に見て回れる。見られる子供達はもちろん全く落ち着かない。たいていの子は教室の後ろを見てにやにやしている。息子は楽しそうにあちこち覗いていた。絵や地図の掲示物が多いので喜んでいた。しかしその掲示物の多さに先生達の苦労が偲ばれる。

週明けて、制作再開。個展は2月末。ちょっと特別な会場だ。調べものをしながら、同時並行で描く。会場構成を年内に固めたい。

f:id:michi11_30:20191119001321j:image

 

小休止

ちょっと小休止、、、

絵の具が乾くまで、観たい映画を観る。

絵の具が乾くまで、読みたい本を読む。

何を見るか読むかは絵に関係するだろうか。

 

f:id:michi11_30:20191105132330j:image

f:id:michi11_30:20191105132337j:image

f:id:michi11_30:20191105132401j:image

drawings, 2019 

 

息子は、休みの日でも私が絵を描くことを許してくれるようになった。少し陽が傾いて部屋が陰る時間になると、「お母さん、そろそろ降りて来て」と階下から呼ぶ。

 

今日見た映画はパターソン。ここにも同語反復と入れ子構造、繰り返される落下、ヒリヒリとした死への欲動。

 

タイトルなし

晴。

お迎えまで制作と書きもの。5,6歩下がって2歩進んだか。

息子は幼稚園で運動会の練習。昼間は晴れて風も心地よいが、お迎えに行くと公園では蚊との闘い。遊具で遊ぶ子供たちを眺めながら、お母さん達と卒園式謝恩会のことなど話す。1時間ほどして一斉に解散。パン屋に寄って、明日のお弁当のサンドイッチ用に食パンとイートインスペースで食べるツイストドーナツ、ベーコン入り塩パン、紙パックジュースを2つ買う。息子はカウンターの背の高い回る椅子に座って、クルクルと店内のハロウィンの飾りを隈なくチェックしながら、口のまわりを砂糖まみれにしていた。私は食べ損ねていたお昼ごはん。自転車での帰路、西陽が鋭い。

21時をまわっても、なかなか眠れない息子。そこに夫が帰ってきて、ますます眠れず。途中で夫がかわってくれたが、最後は「お母さんと」となり、22時に無事就寝。

昨日が秋分

三連休からの火曜スタートの2週目。また、あっという間に週末になっていることでしょう。

朝ごはんはホットドッグと茹で栗。

息子と夫を送り出してから、来客があるため掃除。お茶うけを買いに自転車で坂の下のパン屋へ。お茶うけにはブラウニー、自分用にバナナブレッドを買った。パン屋のプラスチックの手提げ袋が廃止になっていた。薄いポリ袋に入ったブラウニーとバナナブレッド潰れないようにカバンに入れて家に戻った。

客人を見送った後、少し書きもの。

息子のお迎えに行く直前に、ざっと30分程降る。雨と雨の合間にお迎え。降られずに済んだ。

帰ると、息子は暫くぼうっとする。暫く後に、絵を描き出したり、遊び出したり。今日はオヤツを探しにガサゴソしてから、飴を舐めながら絵を描き出した。

風呂、夕飯の後、また絵を描いていた。

寝る前に辞書を引きたいと持ってきた。今日は「シオカラトンボ」と「青白い」。

f:id:michi11_30:20190924220557j:image