週末

天気は良かった。

が、一度も外には出ずに過ごした。

ゆっくり家事をして、横になれる時間は横になった。足の腫れが強くて、なかなか動けない。

夫は土曜日と日曜日の15時過ぎまで居てくれた。息子を連れて買い物に出たり、ダイニングテーブルの天板を仕上げたりしてくれた。

先月の制作が大詰めだった数週間は、本当に息子と向き合う余裕が無かった。寂しい思いをさせた。この数日、息子に惚れ惚れして過ごしている。何に、という事も特にない。ただ、息子を見て、惚れ惚れしている。夫も同じ気持ちらしい。

もっと身体が思うように動いたらと、思わずにはいられない。

天気の良い週末。

広告を非表示にする

タイトルなし

曇のち雨。

暑い重い曇、寒い日。

息子は忍者になって登園。寒空の下、忍務。

夫が出勤した後、ゆっくり家事をする。天気も悪いので、洗濯も急がず、エアコンの風の下でゆっくり干す。

昼過ぎに、幼稚園の2人目妊娠中だったママの陣痛が始まったと知らせが入る。数時間後を境に何もかもが一変する。思い出しながら、その緊張感を想像する。

お迎えへ。寒かったのか、今日は息子の方から帰ろうと言った。

帰って、夕飯の支度をしながら息子と過ごす。昨晩作ったミートソースをカレーにした。息子はよく食べた。

風呂入って出ると19時過ぎ。軽く部屋を片付けて、息子と布団に入る。絵本は3冊。20時過ぎに就寝。

広告を非表示にする

リース

晴。

朝、昨日買ったクロワッサンで朝食。弁当を仕上げて、息子と夫を送り出す。

私も続いて家を出た。幼稚園のママの家でリース作り。生のモミの木で作るリースは初めて。香りがいい。お昼ゴハンもいただいて、おしゃべりして、のんびり過ごした。

お暇した後、少し買い物をして、お迎えまでコーヒーを飲んで休憩。

お迎え。息子は元気。左手の中指ももう心配はいらなそうだ。息子が友達と遊んでいる間に、園長と面談。特に心配することはないとのこと。

息子と家に帰り、リースを玄関のドアに掛けた。息子は帰るなり、すぐにお絵描き開始。私は夕飯の支度。あまり野菜でミートソースを作った。息子はミートソーススパゲッティとパンをひとつと半分食べた。

風呂からあがるとまたお絵描き開始。今は何よりお絵描きが楽しいようだ。

20時過ぎ、二階に上がって布団に入り、絵本2冊目の1ページ目で、就寝。

広告を非表示にする

タイトルなし

晴。

気付けばもう水曜日。

今日は息子は上野動物園へ遠足。いつもより登園時間が早い。夫もその時間に合わせて、一緒に出勤していった。夫は会社の最寄り駅まで子ども達と同じ電車に乗って行ったようだった。道中のわちゃわちゃした電車内の様子が、写真や動画で送られてきた。

午前中はメールを何通か送ったり、やらなければならない事務的な諸々を片付けた。息子にと頼んでいたクリスマスの絵本が届いた。

午後になって母が来た。昼食後、少し横になる。お迎えは母に頼んで、私は整体へ行った。腕が少しあがるようになった。首の回せる角度も広がった。帰りにunderでクロワッサンを3つ持ち帰り用に買い、コーヒーとバナナケーキを注文した。メールを一つ返す。

家に帰ると息子と母も帰って来ていた。しばらく機嫌良く遊んでいたが、遠足の疲れと眠たいのとで愚図り出す。しばらく派手に泣いて、落ち着くと、少し夕飯を食べた。二階に上がって絵本は3冊。20時半就寝。

広告を非表示にする

クリスマスパーティー

金曜日に今年度最後の講評会を終えて、疲れて布団に倒れこんだまま、週末に突入。

土曜日は翌日に控えた幼稚園のクリスマスパーティーの料理の仕込みをしながら、息子と遊ぶ。

日曜日、クリスマスパーティー当日。朝、料理を仕上げてパッキングし、息子と園舎へ向かう。ピザ生地を伸ばしたり、ピザトッピングしたり、持ち寄った料理を並べているうちにパーティー開始。息子は息子で友達と楽しんでいた。私は私でママたちとのんびりしゃべって過ごす。気候も良くて、ゆるく楽しいパーティーだった。

パーティーが終わる頃に、息子が遊んでいて左手の中指をレンガに挟んで怪我をした。気持ちが落ち込んだ息子を抱っこで慰めていると、そのまま眠ってしまった。

家に帰っても起きず、そのまま朝まで眠った。

ゆっくりと台所を片付け、私も早めに寝た。

 

広告を非表示にする

出校日

曇時々雨。

36は好きな数字だったが、それも昨日まで。37歳になった。

多摩美の出校も本年度はもうあと数日で終わり。今日は最後の講評の1日目。おかしなことをまた言ってしまった気がする。

帰ると、義母から誕生日プレゼントが届いていた。茶とベージュのいろいろな模様を縦につなげるように編まれたマフラーだった。

息子はえらくハイテンションで遊んでいた。熱でも出るのではと心配になる。

夕食を食べて、二階に上がり、絵本を1冊。

21時就寝。

風呂に入って、明日の準備をして私も寝た。

広告を非表示にする

タイトルなし

晴。

朝、息子と夫を見送る。送りから戻った夫に息子の様子を聞く。仕事に出かけた夫がすぐにまた玄関を開けた。「火事だよ」北の窓を開けると黒々とした煙が数百メートル先に見える。サイレンとヘリコプターの音がけたたましい。青い晴れた空に急に出現した黒い煙の柱。木造の家屋が一軒全焼し、両隣りの屋根が少し焼けたらしいと、後で聞いた。

息子のお迎えまで、ゆっくりと家事をして過ごした。息子のおやつにザクザクのきな粉とゴマのビスケットを焼いた。

お迎えへ。息子は、1人大幅に遅れて帰って来た。公園の入り口の柵で電車ごっこを始めてしまったらしい。付き合ってくれる先生に、感謝。

買い物をして帰った。今日は三渓園に行ったから、三渓園を描くと言って、家の中に入ってすぐに絵を描きだした息子。三渓園を描き終えて、風呂に入り、夕食。夕食後、トランプで神経衰弱をして、二階に上がり、絵本を2冊。

20時就寝。

私も明日の弁当の準備をして、寝た。

広告を非表示にする