始まりました

f:id:michi11_30:20180924190804j:image

TAMA VIVANT Ⅱ 2018、本日よりスタート。

夫に撮影してもらうため、息子も連れて会場へ。祝日で校内はさぞ閑散としているだろうと思ったが、授業はあるらしく、行き交う学生の数は普段と変わらない。

池や芝生のあるキャンパスを息子は気に入ったらしい。とても楽しそうにしていた。

展覧会は10/4木まで。

展覧会のお知らせ

TAMA VIVANT Ⅱ Disséminationー散種 」展に出展します。多摩美大芸術学科の学生さんが企画運営を行うアニュアル展です。

府中市美術館の「絵画の現在」展の出品作数点に未発表作を加えて展示します。

以下が展覧会の詳細です。

御高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

「 TAMAVIVANT Ⅱ Disséminationー散種 」

金茂華  構想計画所  諏訪未知  前田精史  町田帆実 村上早

会期:2018/9/24月〜10/4木

会場:多摩美術大学八王子キャンパス 

           アートテークギャラリー
時間:10:00~19:00

(日曜日は休場・最終日は17:00閉場)
入場無料

 

f:id:michi11_30:20180922180724j:image

キャンプも終わって

息子は幼稚園での生活に慣れてきた様子。圧倒的なマイペースさは相変わらずだけれど、新学期が始まった頃の表情のかたさはなくなった。お迎えでは、笑顔で駆け寄ってくるようになった。

連休は幼稚園のキャンプに参加。前回の5月のキャンプは固まったまま疲労して帰ってきた息子。今回も写真を見ると、特に手伝いもせず、主たる活動にも参加している様子はなかったが、「円はずっと笑ってた」という上級生談に安堵。リラックスして息子らしくキャンプを楽しめたようだ。

私は、息子がキャンプの間に展示の準備を進めた。

体調は確実に良くなっている。動ける。嬉しい。

 

キャンプの写真から一枚。

f:id:michi11_30:20180920212523j:image

新学期

夏休みが終わった。

ただひたすらに、夏休みだった。

4歳の夏休み、どうだったかな。楽しかったかな。

4歳の夏休み、こんなに子育てに悩むことになるとは思わなかった。

新学期スタートの今日は、雨だったり、昨日ぶつけた足の親指が痛かったり、私の勇み足な一言だったりで、息子「行きたくない」の一点張り。夫が落ち着かせてくれたところで、私がタクシーで送ることに。ちょっと遅れてみんなと合流した。

家で絵を描いたり、町を作ったりしていたいだろうに、行っただけでも偉い偉い。納得するまでまだまだ時間がかかりそうだ。納得するかな。しないかもしれない。そのときはそのとき、受け止めがいがあるってもの。

 

f:id:michi11_30:20180903225519j:image

 

夏休みに翻弄されている間に、体調は良くなってきた。夏の始めに比べて、格段に動きやすくなっている。寒い季節が来るのがこわい。

夏休み

息子の夏休みが始まって2週目。毎日どこかへ連れて行ってあげたりすることは出来ないが、何とか楽しく過ごさせてやりたい。

月曜日は、弟が車を借りて海に連れて行ってくれた。私も弟も海と言えば、祖母の家の近くのこの観音崎

f:id:michi11_30:20180725134550j:image

f:id:michi11_30:20180725134618j:image

怖がりで慎重な性格の息子だけれど、この日は時間を惜しんで海を楽しんでいた。

幼稚園ではこのところ、周りよりも足も遅く、木登りも水遊びも得意ではない自分を気にし始めて、なかなか積極的になれない息子。それもまた、彼にとっては大切な葛藤の時。しばらく幼稚園から離れる夏休みの間の経験が、自信になってくれるといい。

 

かざり

猛暑日、熱帯夜が続く。

今年も息子の夏休みのスタートは、虫とりキャンプから。流しそうめんにプールに花火にキャンプ、翌朝は虫とり。そして、今年もわが家にカブトムシがやってきた。去年よりふたまわりほど小さいカブトムシ。名前は、やっぱり「かざり」。息子はようやく触れるようになって、興味も湧いた様子。「かざりちゃん」と、話しかけながら背中をつついたり、エサを目の前に移動させて、食べる様子に見入ったり。

ひと夏の相棒、よろしく。