blog

michi suwa

タイトルなし

晴。

気持ちの良い青空。風は少しずつ冷たくなってきてる。今年の秋は長い。本当だ。

息子は元気に登園。送り出してから風呂に入って身体を温めて、アトリエ。昼頃、制作中にズンと短く揺れた。震源は千葉県沖。

お迎えから戻って息子の風呂、夕飯。また冷えてきたので寝る前に足湯。床が冷たくなってきて、猫もスケッチブックに乗る。

f:id:michi11_30:20181114232300j:image

タイトルなし

曇時々雨。

降ったりやんだりのはっきりしない天気が続いている。金曜日は出校、土曜日は展示を見に都内へ。天気も手伝って、身体はダウン。日曜日は夫に息子を託し休ませてもらった。夕飯に豚汁を作った。こういう日の豚汁は沁みる。

息子は金曜日から土曜日の朝まで幼稚園のお泊まり会、というかキャンプ。雨が強まった時間もあったが、子どもたちは楽しんだ様子。暖かい夜で良かった。

今朝も息子は元気に登園。日中と夜の制作サイクルに戻った。今日は土曜日に見た展示のことなど反芻しながら、本漁りとドローイング。

1週間が始まった。

f:id:michi11_30:20181112233932j:image

Agnes in her studio

タイトルなし

曇。

息子、小さなことで頑なになり、泣いて、最後はお母さんとお話しタイム。このパターンがちょっと続いている。お泊まり会を前に少し多めにぶつかっておきたいのか。

息子と夫が出かけた後、お迎えまでアトリエ。息子就寝後、再びアトリエ。この昼と夜の二部制が良いと、最近改めて思う。光の違いは大きい。昨日は制作中にある人に手紙を書きたい衝動に駆られた。二部制だとテンションの違う2つの時間に逡巡出来るので、こういう衝動にも対応できる気がする。展覧会まで、まだ時間がある今だから言えることかもしれないが。

タイトルなし

にわか雨の予報ではあったけれど、こんなに降るとはという感じの土砂降りに。

午後から母が家事を手伝いに来てくれたこともあり、日中は息子が帰るまでずっとアトリエにいられた。息子は放課後にドラミングを習うクラスに通い始めた。今日は第1回目。成果はいつ見られるだろう。息子21時就寝。再びアトリエ。

 

じゅんが死んでから3週間が経とうとしてる。残された13歳の雄猫のちゅうは不安な気持ちを隠さない。目も耳も尻尾も声も不安だし寂しい。今まで家に1匹でいることは一度も無かったのだから当然か。

タイトルなし

久しぶりの雨。

また首をグッキリやってしまったらしい。去年のような不意の動きによる突発的なものではないからか、全く動かせないわけではない。首から頭に先の尖った三角定規を入れられた感じ。支える首の両サイドの二辺はヒリヒリと痛む。断続的に頭痛。寝違えたかな。

午前中は息子と夫を送り出したあと横になる。午後から家事、少しアトリエ、お迎え、家事、息子は21時就寝。昨日から鼻水と咳が出ていた息子、今日も本調子ではないもののとてもご機嫌だった。

息子就寝後、アトリエ。

タイトルなし

安田純平さんがハンストをしなければならないような状況の中で、唯一許されたのが日記を書くことだったと報道で知る。日記を書くことがどれほど安田さんの精神の生を支えていただろうと思う。

 

芸術祭で今週は大学が休み。息子がいない時間は、アトリエをごそごそといじりながら、来春の個展のアウトラインを描く。

土曜日は再び相模原へ。先週見られなかった吉川さんのパフォーマンスを見る、というか、語らう、というか、浴びる。素晴らくエキサイティングな時間。そして、とても温かい。

大学に移動して、学生の展示を駆け足でまわる。時間が間に合わず、見られなかった展示も。

息子はやっぱりずっと描いていた。

f:id:michi11_30:20181105012906j:image

ハロウィン

青空、風もなく日差しで昼間は暖かい。穏やかな秋の日が続いてる。今週は家、アトリエの整理。

今日はハロウィン。息子はエウオプロケファルスになって、幼稚園へ。もらったお菓子はほとんど食べきってきたよう。お弁当は半分も食べていなかった。

明日からはもう11月。

f:id:michi11_30:20181031204543j:image