読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢方医

雨のち晴。

小雨が降る少し肌寒い朝。息子は早くすっきりと目覚めた。昨日息子と行ったパン屋のパンで朝食。息子はジャムやクリームチーズをバターナイフでパンに塗って食べることが楽しい様子。食パンを3センチ角くらいに切って出すと、満腹になるまで黙々と塗っては食べを繰り返す。

小雨はやまないが、自転車で登園。体調を崩して休んでいる子が多いようだった。

息子を送った後、Hさんのお知り合いから紹介してもらった漢方医を訪ねた。このまま強い薬を身体に入れ続けることが不安になってきたこと、バイオ製剤の選択肢がもう残っていないこと、免疫抑制という方法自体に疑問が湧いてきたことなどが漢方医へ足を向かわせた。新薬を使う前に来ればすぐに治ったのにと言われる。方法は真逆だ。体温を上げ免疫を高めて、炎症を冷やす。その発想がなかったわけではないが、暴走する免疫を抑えることが近道だと思っていた。しかし、長く続けてはいけないのは確かだろう。漢方で、一時的に痛みは強く出るかもしれない。どう身体が反応するかわからない。新しい習慣を始めるのは楽しみでもあり、その高揚も含めて怖い。

帰り途中に上田和彦さんの個展を拝見する。まとまった数の仕事が見られて良かった。筆跡の網の層の間の時間に入れそうかと思うと不意打ちに合ったり、底を探るような時間に沈んだりする。共感する部分も多い。素晴らしい仕事を続けていられると改めて思う。

帰って息子と夕食。風呂に入れようとすると、もう眠たくて大荒れ。布団に入る頃にようやく落ち着く。明日は出校日でほとんど一緒にいてやれない。20時就寝。

 

広告を非表示にする

タイトルなし

晴のち雨。

昨日よりも穏やかな風。体調も少し良い。

息子を送って、今日も園舎の畑へ。花も咲き終わりそうな春菊を抜いた跡に綿花。麦を刈ったところは抜かずにそのままかぼちゃ。ネギ坊主を切って一箇所に集める。空いたスペースに、ほおずき、コスモス、朝顔の種を蒔いた。びわが食べ頃を迎えている。トマト、ナス、ピーマンは順調。オクラがなかなか根付かない。紫陽花は開花間近。昼食の時間になり、他園児の自宅でご馳走になる。おしゃべりと片付けでお迎えの時間になった。

息子はご機嫌で帰って来た。のんびり過ごしたようで、疲れた様子はなく、他の園児が皆帰った後も公園で遊んでいた。その後、近くのパン屋で息子はドーナツ、私はコーヒーで休憩。帰り途中のホームセンターで家のプランター用の花の苗をいくつか買った。植え替えが終わると同時に蚊が出てきた。家に入ってひと息つくと、保育園から電話。先日の検査の結果を見てもらいに行かなければならないのをすっかり忘れていた。急いで自転車で保育園に向かった。雨がぱらついていた。検査結果は問題なし。家に戻って、風呂が済むと息子はもう寝るという。ドーナツが夕食代わりになってしまった。19時就寝。

広告を非表示にする

タイトルなし

晴。

風が強い。

いつも通りバタバタとした朝の時間。ここ数日、息子は着替えもトイレも歯磨きも夫が手伝うのを拒み、お母さんとすると言う。一緒に過ごす時間が減っていることへの反応が、はっきりと嫌とは言わない息子の場合、こういう形になる。

息子を送って、郵便局へ行き、昨晩書いたお礼状を投函した。家に一度寄ってから、園舎へ。身体は痛むが、土いじりに没頭する時間は必要。まず、再来週末にひかえた幼稚園のバザーのために園舎の掃除をする。ひと段落終えて、畑と花の作業。うまく育っているものもあるが、そうでないものもある。春の花の盛りも過ぎ、庭の色も夏の暑さに向かって変化している。昼すぎに家に戻って、夫が忘れて行った弁当を食べ、少し横になる。眼裏に緑が残っている。

買い物をして、お迎えへ。息子はそのまましばらく遊んでいた。家に帰って、風呂と夕食。息子は20時まで寝なかった。

広告を非表示にする

お護り

晴。

いい加減に夏物を出さないといけない気候。

息子を送ってから、都内へ。Hさんとお会いする。体調のことを気にかけてくださったHさんのご縁から、特別なお護りを頂く。お護りをくださった方にすぐにお礼をしたいが、あまりに畏れ多い方で、どうすれば良いか迷う。Hさんから、まずお礼状を送るようアドバイスをもらう。

Hさんと別れて、お護りを抱えて帰途に着く。この往復の時間の緊張はもう二度と味わうことはないだろう。

息子を迎えに行き、3月まで通っていた保育園で2度目の検査のための注射。幼稚園が違う赤ちゃんの頃からの友達に久しぶりに会った息子。照れながらも嬉しそう。

息子が寝た後、お礼状書きに取りかかる。5枚目でなんとか送れるものになった。

 

バイオ製剤の切り替えで身体は限界。

広告を非表示にする

田んぼ

晴。

小満。田植えに良い時期だそう。

息子と幼稚園関係者が共同で借りている田んぼへ。去年から参加しているが、未だ息子は田んぼに入ろうとはしない。それでも、参加するのは嬉しい様子。

気持ちのいい田んぼ日和だった。これから夏場は草取りとネット張り、秋の収穫を待つ。

f:id:michi11_30:20170522104528j:image

f:id:michi11_30:20170522104555j:image

f:id:michi11_30:20170522104610j:image

 

広告を非表示にする

タイトルなし

晴。

昨夜のHさんからの知らせが夢だったのではと思うが、日記を見返して確認。それでも、夫に話すとき自分の口から出て来る言葉を信じられない。

この週末は息子とべったり過ごそうと思う。午前中は家の中でダラダラする。昼前に家を出て、地区センターで昼食を食べてから、プレイルームへ。10ヶ月くらいの男の子と母親が遊んでいた。喃語を発しながらハイハイする男の子と付きっきりであやす母親の姿を息子は不思議そうに眺めていた。その息子の背中越しに私も過去を眺める。この親子と同じような時間を私と息子も過ごしたのだろうけど、恐ろしく遠い。息子はしばらく機嫌よく遊んでいたが、ブロックが上手くはまらず癇癪を起こす。その最中に親子は帰って行った。息子は落ち着くと外に行くと言った。地区センターを出たところでハルジオンの花を摘んで、お父さんにおみやげにすると片手に持って自転車に乗った。落とすといけないからしまっておこうと言ったが聞かない。案の定、うとうとして落とし、そのことに気付いて泣く。咲いているところを知っているから、そこで摘もうと言うが、ここで摘むと言い張る。近くには咲いていそうもない。しばらくそのまま立往生。あきらめて、もう行くと言ったころには花のことは半分忘れているようだった。今日の外出の目的である幼稚園の関係者が多く出品している猫の展覧会へ向かう。そこで絵を描いたり、オヤツを食べたり、伝統楽器の演奏をきいて、おおいに楽しんだ様子の息子。閉館の18時近くまで帰ろうとしなかった。そのまま近くの大戸屋で夕飯。帰宅後、風呂に入って20時就寝。

広告を非表示にする

出校日

晴。

出校日。息子はしっかり12時間睡眠。こちらの準備がだいたい終わったところで目を覚まして降りて来た。あとを夫に託して家を出た。

大学では、午前中は敷地内をまわって風景を描いている学生と話す。

池の側、みかんの花。

f:id:michi11_30:20170519231043j:image

午後は課題説明に同席してから、アトリエで学生と話す。いいモチベーションだと思う。真剣だし、楽しそう。

横浜で世界堂に寄って帰る。息子は眠たそうにしながら遊んでいた。今日も頑張ったのだろう。甘えたり腹を立てたりを繰り返して眠った。

電話でHさんから信じられないような嬉しい知らせ。

広告を非表示にする