夏休み

息子の夏休みが始まって2週目。毎日どこかへ連れて行ってあげたりすることは出来ないが、何とか楽しく過ごさせてやりたい。

月曜日は、弟が車を借りて海に連れて行ってくれた。私も弟も海と言えば、祖母の家の近くのこの観音崎

f:id:michi11_30:20180725134550j:image

f:id:michi11_30:20180725134618j:image

怖がりで慎重な性格の息子だけれど、この日は時間を惜しんで海を楽しんでいた。

幼稚園ではこのところ、周りよりも足も遅く、木登りも水遊びも得意ではない自分を気にし始めて、なかなか積極的になれない息子。それもまた、彼にとっては大切な葛藤の時。しばらく幼稚園から離れる夏休みの間の経験が、自信になってくれるといい。

 

かざり

猛暑日、熱帯夜が続く。

今年も息子の夏休みのスタートは、虫とりキャンプから。流しそうめんにプールに花火にキャンプ、翌朝は虫とり。そして、今年もわが家にカブトムシがやってきた。去年よりふたまわりほど小さいカブトムシ。名前は、やっぱり「かざり」。息子はようやく触れるようになって、興味も湧いた様子。「かざりちゃん」と、話しかけながら背中をつついたり、エサを目の前に移動させて、食べる様子に見入ったり。

ひと夏の相棒、よろしく。

タイトルなし

すっかり夏空。

f:id:michi11_30:20180712214722j:image

幼稚園で先生が撮ってくれた一枚。

今年は一緒に海に行きたい。

体調は良い。足は相変わらず、すぐに音を上げるし、歩みは遅いままだけれど、腫れは引いている。何より起きて動いていられる時間が増えた。

明日で息子の幼稚園の1学期が終わる。夏休み、2人であちこち出かけたい。夫は試験勉強、頑張れ。

タイトルなし

梅雨は明けて、7月。

大学は通常授業の前期が終わり、月末までの他学科の指導を残すのみに。他学科の指導は午前中で終わる。昼食を済ませてまっすぐ帰れば、息子のお迎えに間に合う。今日もそのコースでお迎えへ。池に落ちたり、大事な指輪をなくしたり、色々あった様子。母もいたので甘えも出て、久しぶりにグズグズだった息子。そういう日もあるよ。

体調の変化がめまぐるしい。とても調子良く感じる日もあれば、ただただ痛い日、ただただ怠い日、それらを順繰りに過ごしている。

制作は、展示するかどうかわからない1枚の絵を、ぐるぐる描き続けている。ぐるぐる。あと何回転するか。

地震

昨日、大阪で大きな地震があった。震源は病院のすぐ近く。先生や病院の人たちは大丈夫だろうか。夫の実家も関西なので安否確認のメールをした。心配するようなことはないようだった。明日は大阪は雨らしい、まだまだ落ち着かない。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

今日は横浜も揺れた。息子が遠足中でひやりとした。

 

昨日は梅ジュースを息子と仕込んだ。

f:id:michi11_30:20180619221847j:image

梅雨

暗く湿った空気の日が続く。

金曜日、大学の研究室のテラスから見える濡れた緑に露のベールのグラデーションは美しかった。

遡って火曜日、えいやっと横浜美術館へ。ヌード展、充実した内容でとても楽しめた。神話や史実に動機を得られなくなって以降、純粋な造形的対象物ではなくなっていく裸。個人としてのモデルへの眼差し、エロス、ジェンダー、暴力、晒される裸の政治性、、。こういう視点を持った展覧会が歓迎されている状況はとてもいいなと思った。同時に、今はもうもっと露骨な剥き出しの欲望が其処此処にあって、こんなものではないよという感じも。

展覧会の最後に、学生の頃に好きだったRineke Dijkstraの作品があった。出産後数時間か数日の裸の母親が赤ん坊を抱いて、こちらを見て立っている写真3点。赤い悪露が足を滴っている、下腹部はまだ丸く腰は不安定そうだ。赤ん坊を抱く肩は不自然に強張っている。雑誌でこれを見たのは2000年頃だろうか。身体に刻まれたことも含めて、思い出されることは様々。そんな帰り道、息子の待つ家に急ぐ。

タイトルなし

日差しが強い。でも、まだまだ序盤だろう。

木曜は久しぶりに展示を見に都内へ出た。昨日の金曜は大学。今日は母と息子と自由ヶ丘のギャラリーへ。

3日も続けて外出したのは久しぶりだ。痛み止め無しではとても無理だが、それでも出られるようになったことは嬉しい。

木曜日に見た迫鉄平さんの「FLIM」展、「引き延ばされたスナップショット」と形容されていた何も起こらない映像作品がとても面白かった。いつまででも見ていられる不思議、迫さんもBTのインタビューでその感覚を追いたいと話していた。チャプターの区切りやタイトルとその有無に頭の後ろ3分の1くらい引っ張られながら見ていると、「これを待っていたのかも」という感覚がもの凄く緩く、疑問符付きで現れては消えていく。それはプンクトゥムと呼べるような鋭さとはほど遠い感覚だった。この何かを待ってしまうこの悲しい性は何だろう、ダメだ、もう一回見たい、、、。そうなったところで会場を出ることにした。この経験について、まだしばらく考えることになるだろうと思う。