blog

michi suwa

おめでとう

f:id:michi11_30:20191220132233j:image

日曜日に息子の七五三のお祝いをしてもらった。円ちゃん、おめでとう。

 

今週は年賀状書きと繕いもの週間。繕いものは始めるとなかなかやめられない。息子のズボンの穴を探して探して、もう繕うものもなくなってしまった。

昨日のこと。

年に一度、この時期に息子の幼稚園では、陶芸体験という催しがある。北鎌倉の浄智寺の傍にある小さな工房でお皿を作る。この日は、希望すれば保護者も参加して良いことになっていて、以前から息子にお母さんも来てと言われていたので、最後の年だしと参加した。

行きの電車、息子が嬉しそうに私にくっついていたのを見た先生が、息子をからかった。ここからが大変。怒った息子は先生に一通り反撃して、黙って動かなくなった。乗り換えのホームでも、みんなから遅れても帰ると言って動こうとしない。電車が到着したので、他の子のママの抱っこで無理矢理乗車。一駅分、泣いて叫んで暴れ続けた。目的の駅でも、抱っこで何とか降してもらう。降りがけに、前にいた初老の男性が肩ごしに何か吐き捨てるように言っていたが、息子の泣き声で聞こえなかった。ホームでまた動かなくなったが、何とか手を引いて移動を始める。浄智寺の入り口までは泣きながらも歩いた息子、いよいよ工房が近くなるとまた動かなくなった。紅葉が美しい山道では、泣き叫ぶ声にもさほど追い詰められない。駅のホームで泣いて動かなかった時に、通りがかりのおばあさんが息子の上着のフードに入れてくれた飴のことを思い出して、その飴を息子の口に入れた。さあ行こうと歩き出すと、ストンといつもの息子に戻り、目的地への道を案内してくれた。工房に着くと、けろっとして先生と落ち葉探しに出かけた。他のママたちとヤレヤレすみませんでしたと話しながら、私も落ち葉探し。丸く伸ばした粘土に落ち葉を載せて、釉薬を塗り、落ち葉を剥がすと、葉の跡が綺麗に残る。この皿を見るたびに、泣き叫ぶ息子と手を繋いで歩いた山道の景色を思い出すだろうな、と。

お皿作りが終わったところで子どもたちとは別れ、ママたちとお昼ご飯を食べたり、お土産を買ったりしてゆっくりと帰途についた。

ぽっかりさっぱり

今日は集荷。午前中にヤマトさんに作品を引き渡す。ひとまず、ひと段落。ぽっかり空いたアトリエの壁に制作途中の絵を並べ直す。

午後、お迎えついでに幼稚園ママに髪を切ってもらった。息子と2人、頭が少しさっぱりした。帰りにザッと雨に降られる。

f:id:michi11_30:20191211202534j:image

幼稚園では小学校に遊びに行ったらしい。

「しょうがっこうておおきいね」

されど、死ぬのはいつも他人

風邪をひいてしまった。

雨の金曜日、慶應アートセンターの「彼方の男、儚い資料体」を見に行った後、結局お泊まり会は参加しないと決めた息子を園に迎えに行った。冷たい雨の中の下山が、身体にきてしまったらしい。急いで迎えに行ったというのに、息子はもう少し遊びたかったとふてくされていた。

土曜日も降り続ける雨。息子と出かけたかったが、体調も悪いので断念。夕方頃、熱が出てきた。息子は元気、風邪をうつさないようにと別の布団で寝てもらう。

今日、日曜日は幼稚園の同級生家族とバーベキューの予定だった。見かねた夫がかわりに息子と参加してくれた。2人が出かけて静かになったリビングで、まだ読んでいなかった「彼方の男」展のハンドアウトを開いた。そこに、この言葉があった。デュシャンの墓碑銘。不思議なことに、この言葉に遭うのは、今週に入って3度目だ。2度目はノートにメモを残した。全く偶然ではあるけれど、3度目に、このやや格言めいた言葉の先に河原温というしなやかなレイヤーを見ることが出来てよかった。奥村作品もまた、確かならざる者の確かならざる死についての「儚い資料体」として、この言葉に応答するしなやかな在り方そのものだった。

熱はひいてきた。夕飯は、バーベキュー土産のカレーを頂こう。

ODEON

午前中、地区センターで幼稚園の同級のお母さん達と謝恩会の贈り物の準備。とてもちょうど良い距離で、楽しく過ごせた3年間。このお母さん達のお陰だなと改めて思う。

午後は、お迎えまで併設の図書館で調べもの。さすが地元の図書館。郷土資料は期待以上に色々出てきた。資料館や大学発行の冊子もある。

息子は元気に帰ってきたが、金曜日のお泊まり会は行きたくないと言い出した。これも成長かなと思いつつ、一日寝かせて結論を出そうという事になった。

夕方、急に寒くなった。お迎え時のひと遊びの間に身体が冷えきってしまった。近くのパン屋でパンとホットコーヒーで一休みしてから帰った。

f:id:michi11_30:20191121111940j:image

f:id:michi11_30:20191121111947j:image

f:id:michi11_30:20191121112043j:image

いただきました

昨日は気圧がガクンと落ちていたらしい。なるほど、落ち着かない夜であったよ。

今日は晴れて暖かく、日中は平常通り。ゆるゆると制作と読書。

息子が寝る前にぎゅっとして「お母さん、大好き」。いただきました。口癖のように言う子も居るのだろうけど、息子は言わない子だなと思っていた。びっくりしてちょっと変な声で、お母さんも円ちゃんが大好きだよと返した。

幼稚園でも急に働き者キャラになって、今日は家でも夕飯の準備を手伝ってくれた。

こんな日がくるのだなという日だった。