漢方医

雨。

寒いくらいの涼しさ。息子は少し咳をしている。

急いで朝食を食べ、夫に息子を任せて家を出た。漢方医へ。

痛みが強く、日常の動きに制限が出てきたことを伝える。特に足の痛みと浮腫が酷い。先生が胃のあたりをゆするとぽちゃんぽちゃんと音がする。水毒というらしい。今回は、水の代謝の改善と、痛みの軽減に主軸を置いて処方してくれた様だ。効くといい。

横浜に戻った頃に夫が息子と昼食のために家を出ると連絡があったので、待ち合わせて3人で昼食。

傘をさすか迷うような小雨の中、ゆっくり歩いて神奈川芸術劇場へ向かう。カナダの劇団コープスがロビーで''ひつじ"を上演していた。人が家畜に扮し、柵の中に居る。かなりグロテスクな状況だが、子ども向けのプログラムということで集まっているのは親子連ればかり。子どもたちは興奮してひつじを追い、ひつじの動きひとつひとつに悲鳴とも歓声ともとれる声を上げていた。息子は怖がり、すぐにNHK放送センターに逃げ込み、ガラス越しに夫に抱かれて遠くから様子を見ていた。

家に戻って、足を休めるために少し横になる。息子に夕飯を用意しているところで、夫は仕事へ行った。息子と夕飯を食べ、風呂に入り、20時半就寝。

広告を非表示にする