読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルなし

嵐のち晴。

朝のうちに嵐が去ってくれた。

弁当を作って、息子を送り出しに集合場所へ。「お母さんと行くー」と少し渋る息子。先生に渡して離れると、すぐに落ち着いて他の子たちと歩き出した。

一度家に帰って片付けを済ませた後、幼稚園の園舎の裏の畑に行って、同級生のお母さんと作業。花も咲ききった菜の花科の野菜を引き抜き、夏野菜に備える。土を掘り返すとミミズや幼虫がどんどん出てくるが、出てきた先からニワトリの餌に。嬉しいときのニワトリの声はかわいい。

息子を迎えに行く。息子はまだまだ元気で帰ろうとしない。結局四時近くまで外にいた。

幼稚園の様子を写真で見ると、年長さんの女の子がいつも息子と手をつないでくれている。上級生と手をつなげるようになってから、他の子と同じペースで歩けているようだ。それまではいつも最後尾を先生に手を引かれていた。子ども同士で手をつなぐというだけで、大人の誘導とは違う科学反応の様なことが息子に起こっているのだろうか。写真の中の息子の表情もとてもいい。

今日はとにかく気持ちの良い天気だった。

広告を非表示にする