読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケガ

晴。

風が強い。昨日の穏やかな風とは違って、外にいると疲れる風。

朝の強張りはあるが、体調は比較的いい。息子が6時半にすっきりと目覚めたので、一緒に起きた。夫から弁当は要らないと前日にメールをもらっていたので、米は炊いていなかった。少し前にカルディで買ってみた米粉のパンケーキミックスで朝食。ねとっと甘いパンケーキだった。夫の反応はイマイチ。ふわふわの小麦粉とベーキングパウダーの匂いのするパンケーキの方が夫の好みだろうことは分かっていた。私のちょっとした食の冒険は、毎度こうして幕を下ろす。

夫を見送った後、洗濯と掃除をして10時頃に家を出た。今日は以前住んでいた家の近くの地域ケアプラザへ。息子が生後半年の頃から木曜の午前中は大抵ここで遊ばせてもらっている。育児相談という名目で、未就園児と親がオモチャのある広い部屋で思い思いに過ごす。いつも同じ保育士さんが1人いて、母親からの相談にのったり、子どもたちと遊んだりしてくれる。引越してからはあまり来ていなかったが、幼稚園が始まる前に、お世話になった保育士さんに挨拶をと思い参加した。この保育士さんが、とにかくさっぱりとした人で、恩着せがましさが全くないのがありがたかった。育児の相談をしても、まず「へーそうなんだー」と笑ってくれる。息子もとても好いているようだった。

友達親子とケアプラザを出てゆっくりと公園へ移動し、いざ遊ぼうと思ったところで、息子が派手に転んだ。段差でつまづいただけだか、走り出したタイミングだったから、手を付くより先にひたいが勢いよくコンクリートの地面にぶつかった。久々の、ケガによるギャン泣き。すぐに、ひたいの真ん中にツノでもはえてきそうな程のたんこぶが出来た。盛り上がった中央を囲んで、火花のような擦り傷。これは痛そうだ。しばらくして泣きやんだが、気持ちがまだ回復しないのか、私の腕の中で涙目のまま黙って遠くを見つめている。息子の友達が頭を撫でたり肩を抱いたりして慰めてくれた。その姿もまた可愛くて、2人まとめて抱きしめた。公園で遊ぶのはあきらめて、近くの友達の家に向かったが、その途中で息子は寝てしまった。

今日のケガはぶつけただけだから、放っておけば治るだろう。息子は顔に跡が残った傷がすでに二箇所、ひたいと上唇にある。転んでぶつけた拍子に切れてしまった傷だ。まだまだ、ケガの心配はしなければならないだろうし、身体が大きくなるにつれて、衝撃も大きくケガも派手になりそうで怖い。

昼寝から起きた後は、元気に遊んで食欲も充分。21時半就寝。

広告を非表示にする