緑のチューリップ

雨のち晴。

朝、手首が腫れて強く痛む。

本当ならばお弁当を持って公園で遊びに行くはずだったが、雨で中止に。

家の最後の残工事の連絡が入ったので、予定をずらし午前中に来てもらう。

何度も来ている業者で、息子も猫たちも歓迎。作業が終わり、業者が帰るときになると、息子は一緒に行くと言って困らせた。

待っても雨は止みそうにないので、バスでスーパーへ。猫たちの餌と食料品と切り花を買った。いつもならスーパーに行くと必ずカートに乗りたがる息子が、今日は乗らずにカゴを持つと言う。口うるさく急かさないとならないかと憂鬱になったが、息子は意外にもしっかり付いて歩いていた。オモチャをせがむが、本当に欲しいものがあるなら誕生日やクリスマスや特別な時にちゃんと頼もうねと言うと、すぐに諦めた。

帰りのバスまで時間があったので、パン屋で昼食を済ます。

家に帰って買ってきたものを片付けているところで、ケーブルテレビの業者が来た。モデムを交換。

ケーブルテレビの業者が帰るころには雨も止んで陽が出たので、息子と一緒に外に出て、花の手入れと玄関まわりの掃除をした。引っ越す前に息子と植えたチューリップが少しずつ咲きはじめている。赤紫色の花の次に薄いピンク色の花。蕾の色を見て息子は、緑のチューリップが咲くよと言う。その予想が裏切られるたびに驚き喜ぶ姿が可愛い。

夕食、息子は好物の厚揚げの煮物だけ食べて、もういらないと言う。少し怒って見せたが、あきらかに私もおやつを与え過ぎていたので、もううるさく言うまいと思い、明るい声でお風呂に入ろうと声をかけると、すでに息子は眠っていた。

時計を見ると、まだ17時半。夜中に何度かぐずるが、朝まで寝るパターンだ。

たまっている諸々を片付けよう。

広告を非表示にする