タイトルなし

金曜日の夜。

今週は息子のお迎えに3回行けた。鍼灸院にも行けた。外出はそれだけだが、先週よりは増えた。

今朝、息子が嘘をついた。嘘らしい嘘は初めてかもしれない。失敗を隠すために彼なりに知恵を絞った結果だった。息子が幼稚園に行った後も、その余韻に浸っていた。寝返りをうった日や立ち上がった日に増して愛おしく、これこそ記念日にしたくなる。嘘つき記念日だった。

幼稚園から帰ってきた息子のリュックサックには、ヤツデの葉にタンポポホトケノザの花を包んだおみやげが入っていた。

4歳まであと数日。