美術館

前回の日記で、今年の冬は寒いということを書きながら、変な感じがしていた。今、同じ冬を経験している読者は今年の冬が寒いことは知っている。その読者に向けて今年の冬は寒いと伝えたいわけではないはずで、やはり未来の読者がいるのだと。急に前回の日記が未来のある点に向けて射られた矢のように感じられて、その妙な緊張感が変な感じの正体だと結論に至った。

今日は「絵画の現在」展を観に来てくれるHさんに会うために美術館へ。美術館の喫茶室で2時間くらい話す。今日もまた、おおいに励まされた。お会い出来て良かった。

息子にお土産にミュージアムショップで絵本を買った。こどものとも『また あした』。息子にまだまだずっと感じていて欲しい、今日も素晴らしい日だったという、また あした。