雪が降って

雪が降って、息子は夢が現実になったと喜び、雪が降る光景にうっとりと見入っていた。幼稚園の時間は連日雪遊び。3日目も残雪を求めて少し遠い公園まで行っていたらしい。今日も、「雪降るかなあ」と玄関のドアを少し開けて空を見上げていた。

4年前の大雪の時、臨月に入っていた私は入院していた。息子が無事産まれてくることをひたすら祈りながら、真っ白に吹雪く外の景色を見ていた。お腹の息子と2人で病院に閉じ込められたようで、心細くもあり、また少し興奮もしていた。

あの時以来のしっかりとした雪。

今の私は、家から出ることは出来ない。足の痛みは日増しに強まっている。立っていられる時間がどんどん短くなっている。

今が底であって欲しい。

広告を非表示にする