女子美へ、夕立ち

曇のち雨。

夫は休み。息子と夫と3人で出かけた。家を出ると既に空は暗く、いかにも降りそうな気配。

女子美中西夏之展へ。女子美へは初めて行ったが、なかなか着かないので驚いた。古淵駅からバスで相模原緑地を通り、工場ばかりのエリアを抜け、また森の中へ。大きな公園があり、巨大な温室も見えた。公園に連なる森の一角に大学はあった。学内のアートミュージアムへ。

《カーボランダム、ホワイトランダム》の再現と指示書、《四ツの始まり》のシリーズとドローイング、《走行中列車》の映像とドローイング、《2つの輪》とその周辺のドローイング。静かに向き合うことが出来て良かった。ドローイング等の資料をこんなにまとまった形で見られたのは初めてかもしれない。とてもいい展示だった。ただ、演出なのだろうが、ドローイングを超拡大でロールスクリーンに印刷して吊るして見せていたのはよく分からない。しかも作品リストに他の作品と同列に、2017年制作で載せてある。《カーボランダム、ホワイトランダム》の再現が2017年と書かれるのとは、まるで意味が違うと思うのだけど。

人は疎らで涼しい広い場所に、息子もすぐに帰りたがるようなこともなく、落ち着いて見させてくれた。もちろん、夫がいたからだが。

f:id:michi11_30:20170731004036j:image

大学を出る17時頃に雨が降り出した。帰りのバスは雨による渋滞もあり、往きよりもさらに長くかかった。途中で息子は寝てしまう。乗り換えの桜木町駅で目を覚ました。雨はまだ強く降っていた。石川町で降りて、夕飯を食べてから帰った。

3人とも疲れていて、濡れた服を着替えてすぐにベッドに倒れるようにして寝た。

 

広告を非表示にする