読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出校日

晴。

気持ちの良い天気だが、頭痛。出校日なので、5時起床。弁当作りと朝食を済ませて、片付けていると、夫と息子が起きて降りてきた。息子はやけに素直で機嫌がいい。身仕度をしている間もずっと足にくっついてにっこり笑って私の顔を覗き込んだりしていた。息子なりに先週とは作戦を変えて、仕事に行く私を引き止めようとしているのは分かった。いざ出かけようとすると泣いてしがみつく。泣く息子を夫に託して家を出た。

大学に行くバスに乗る学生の列は1週間ごとにだんだん短くなっている。まわりの木々は先週よりも少し葉の色が濃くなり、葉の密度が上がっていた。八重の葉桜が満開だった。午前、午後とアトリエを廻って、学生と話す。大学に入ってまだ日の浅い1年生と話すのは難しい。

10数年前、私もこのあたりにかなり長い間いたはずだが、当時は大学の周囲の地理にほとんど興味が向かなかった。駅と大学の間を行き来できれば事足りたのだろう。今はそれがとても勿体無いことのように感じる。のっぺりと平らで荒涼としたただただ広い場所について、今はもう少し、知りたいと思う。海に向いているか背を向けているかという基準がない場所で何を頼りに考えられるかしら。毎度、少しずつ広げていこう。

 家に戻ると、息子は寝起きで機嫌が悪い。しばらく続いたが、夕飯を食べているうちに上機嫌に。風呂に入って絵本を読んで、21時すぎに就寝。

広告を非表示にする