読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野島

晴。

実家で目覚めた息子は、ばあばんちだねと言ってにっこり笑って起き上がった。

朝食を食べて、息子と実家を出て野島公園へ。友達3家族とバーベキューをする。と言っても、料理は得意なお父さんに用意してもらって、食べるばかりのバーベキューだ。子どももある程度放っておけるようになって、遊んでくれるお父さんもいる。という訳で、外で美味しい料理を食べて、お母さん同士で喋るという会だった。天気も良く、海風が心地よい。申し訳ない程に極楽。ありがとうございました。

野島は、子どもの頃の思い出が濃くある場所だ。毎年、8月の終わりの夏休みももうあと何日かという頃に花火大会がある。父に肩車をされて夜の海沿いの道から見た花火、浴衣を着て友達と自転車で走りながら見た花火、生暖かい潮と火薬と汗の混ざった匂いが微かに蘇る。突然カヌーを始めたいと言った父が、私を連れてカヌーの体験に来たのもこの海だ。その後、父のカヌー熱は増水した川に流されて死ぬまで冷めることはなかった。

今年は、息子とこの海で潮干狩りでもしてみよう。

広告を非表示にする