タイトルなし

晴。

昨日よりも風が強い。気付けば桜は散り切って、若葉と空の青。雲が駆け足に頭上を流れている。陽射しでどんどん黒くなる子どもたち。また夏が通り過ぎる準備を着々と進めている。

昨日一日中外で過ごしたせいか身体が重い。関節もあちこち腫れている。

今日は早く息子を家に連れて帰ろう。

朝、家を出ようとすると「お父さんと行く」と言う息子。日々やり方を変えて、ちょっと抵抗する。お父さんは会社に行ってお仕事で、あなたは幼稚園に行くのが仕事だよと言うと、しばらく考えて、靴を履いて着いて来た。

息子を送り出した後、地区センターへ移動して、同級生のお母さんたちとタマネギの皮で子どものTシャツを染めた。下地の処理の有無や媒染液に漬ける時間で色が随分と変わる。この思い通りにはいかない面白さは、子どもたちにも体験させてやりたい。季節を通して素材を変えてみても楽しそうだ。

集合場所に戻って、染めたシャツを干しながら子どもたちが帰ってくるのを待つ。

帰ってきた子どもたちの反応はさまざま、まずは何故公園に服を干しているのかという疑問から、自分のはどれか、友達のはどれか、どれが好きか、等。ひと通り質問や感想を投げると、おやつや遊びにそれぞれが散っていく。親たちも、それを見守りながら、子どもと離れていた時間の成果物を片付けて、順に帰途に着いた。

息子は帰りの自転車で寝た。週の半ばでやはり疲れているのだろう。夜も20時には寝た。

子どもも大人も、お互いの自由を尊重しながら適度につながっていて居心地がいい。幼稚園生活に、息子も私も少しずつ慣れてきたと思える日だった。

広告を非表示にする