読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルなし

晴。

夫が朝早くから仕事で出ていたので、息子と2人で朝食。

何も予定がない土曜日。一週間、慣れない幼稚園の生活で疲れているだろうから、出来るだけのんびり過ごそうと思ったが、9時半をまわる頃には息子は出かけたいと言いだした。しかも電車に乗って出かけたいと言う。とりあえず駅まで歩こうと、10時すぎに家を出た。急かす理由は何もないので、息子のしたいように、寄り道に付き合っていたら、途中にある公園でひと遊びしたこともあり、徒歩10分の駅までの道程に1時間半かかった。ちょうどお昼時に駅に着いたので、駅近くのパン屋でお昼を済ませる。酵素ジュースを頼んでみたら、これを息子がえらく気に入り、おかわり。こんなにガブガブ飲んでいいものだろうか。店を出ると、家に帰っておやつにしようと息子から言いだした。バスがちょうど来たので、家に一番近いバス停まで乗ることにした。バス停は私の母校の正門前。ここも桜が綺麗だ。しばらく正門わきで息子と虫や野の花を見ていた。家に帰ると息子は抱っこをせがんだ。座って抱いてやるとすぐに眠った。

1時間と少し眠った後、目覚めた息子はとても元気。ただ、夕飯の後に下痢をした。酵素ジュースが効いたのだろうか。それでもケロッとして元気なまま、風呂でも1時間は遊んでいた。それでも、幼稚園とは疲れ方が違うのだろう、夜もなかなか寝ない。寝る直前、絵本のことで駄々を捏ねて愚図った。最近、息子は愚図るとき、私が息子を叱るときと同じセリフを声色まで真似て何度も言う。愚図っていない時でも、友達や猫たちに向かってふざけてそれをやる。私の方は、恥ずかしさと情けなさで気持ちが荒ぶるのを抑えて平静を装うのに必死になる。

f:id:michi11_30:20170415231333j:image

駅までの道程、息子は穴という穴、溝という溝、狭い隙間、段差、表札、ポストの向き、室外機、車、他の子ども、犬、猫、蟻、草木、花…、あらゆるものを見過ごすことが出来ない。こういう散歩を、あと何回出来るだろうか。待つのも疲れるが、この時間が貴重なことだけは分かる。

広告を非表示にする