水星

雨。

3人で家を出て、夫は仕事へ、私と息子はワークショップに参加。地球暦という太陽を中心にまわる惑星の位置を大きな円に配置した暦についてのワークショップ。

暦に従って惑星ピンを毎日少しずつ動かしていくと、地球を含めた惑星の位置を視覚的に確認出来る。

この暦のスタートが春分の日。この日記再開もこれに合わせた。

ワークショップでは、今年、特に意識して追いかける惑星をひとつ選んだ。選んだ惑星は水星。太陽系の惑星の中で一番小さくて一番太陽に近い星。太陽の引力に吸い込まれまいとして早く公転するため、地球に近づいたり遠のいたりを一年に何度か繰り返す。

太陽に近いために、地球から見ることは難しく、見ることが出来ても限られた環境で、時間も短い。

せわしない水星。

まだまだ、息子との生活は水星のペースかなということと、変化の多い一年になりそうだなという予測から、水星を追いかけることにした。

マス目ではない暦で過ごす一年が楽しみだ。

 

息子のこと。

何回かトイレで大きい方が出来ている。恐怖心を何かの拍子に克服したか。便秘が治ったせいか。

洋服の脱ぎ着が上達。見えない引っかかりに対処することが出来るようになった。

 

身体のこと。

起床時、手首から先、両手全体に腫れ。腫れは時間とともに引いたが、左手首は少し角度を違えると強い痛み。夕方から足首、足裏、腰が痛む。

 

(春分の日から日記を再開。生活と体調について記録を残していこうと思う。書き方はまだ定まらない。)

広告を非表示にする