読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観音崎

子どものころ、海水浴と言えばここ。
猫の額程の砂浜、灯台、飛び込み岩、白く冷たいレストハウス
何もかも懐かしい。

すぐそばには横須賀美術館があります。
この日の目的はここの常設で展示中の「特集展示 父、若林奮」を見ること。
若林氏が2人の娘さんたちのために作った、おもちゃや絵本の展示です。
ひとつひとつが本当に素晴らしくて、
こんなに見せてもらってよいものだろうかとさえ思ってしまいます。
作品という位置づけではないこれらのおもちゃだけれども、
作り手が若林氏であることを一層強烈に感じることの不思議。
見ることが出来て本当によかった。

http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/josetu/sho1303wakabayashi.html

広告を非表示にする