葬儀の日

ずっと前に友人が薦めてくれた松浦理映子の『葬儀の日』を読む。
最近、私には珍しく小説を立て続けに読んでいて、
人称が入れ替わる作品が多い。文芸の世界では常套なのかもしれませんが。
その中で、この作品はそのことを中心に描いていることもあるけれど、
入れ替わりの鮮やかさというか、この1人称の迫力はなかなかないなと、
読後感を味わっています。

広告を非表示にする